日本小児神経学会
English サイトマップ
関連リンク集
入会手続きはこちら
このホームページについて

Q5:「熱性けいれん」はどんな病気ですか?またけいれんを起こした時の注意点と予防法を教えてください。

A:子どもの脳は熱に弱く、風邪などの熱(通常38度以上)でもけいれんを起こします。これが熱性けいれんで、日本の子どもでは5%以上の子どもが経験するありふれたものです。
 熱性けいれんは熱の上がり際に多く、突然意識がなくなり、白目を向いて、身体をそらせるように硬くしたり、手足をガクガク震わせる状態です。顔色がわるくなり、時に紫色になります。落ち着いて、まず時計を見てください。衣服を緩めて、呼吸をしやすくしてください。吐いたりすることもあり、顔を横向きにして、息がつまらないようにしてください。大半は、数分〜5分以内で止まり、いったん意識が戻って(泣いて)、その後寝ます。熱が上がって呼吸は速くなっていますが、顔色がよく、規則正しい呼吸をして寝ていれば、少し様子を見ても良いと思います。心配な点がある時はすぐに近くの先生に診てもらいましょう。
 ただし、発熱時のけいれんの中でも「10分以上続くけいれん重積状態」、「生まれて初めてのけいれん」、「1歳までの乳児のけいれん」、「けいれんの前後に頭痛、嘔吐、意識障害を伴う場合」、「けいれんに左右差があったり、けいれん後に麻痺を伴う場合」は単なる良性の熱性けいれんではない可能性がありますので、早期の受診と専門医による迅速な対応が必要です。
 また、1)けいれんが続いた時間、2)発作中の身体の様子、3)体温、4)けいれんが終わってから意識が戻るまでの時間、などをよく観察し、担当の医師に伝えるのは診断のために大事です。
 熱性けいれんは3人に2人は生涯に1度だけですが、3人に1人は繰り返します。けいれんが長く続くと脳障害(知能障害や運動障害、後年のてんかん発症など)を残す可能性がありますので、熱性けいれんが長く続いたり、2〜3回以上起こした場合などに、熱性けいれんの予防をします。予防に使用する薬は、ジアゼパムの内服(商品名:セルシン、ホリゾン)または坐薬(商品名:ダイアップ坐薬)で、熱性けいれんの再発を1/3程度に抑えられます。2年間または5歳頃まで使用します。投薬をやめてから、再び熱性けいれんを起こしたら再開します。具体的な使用法は、37.5度以上の熱に気づいた時点で投薬し、8時間後に熱が続いていたらもう1度使用します。ほとんどの熱性けいれんは発熱してから24時間以内に起きますが、そうでない子どもの場合は初回投与から24時間毎に投薬を続けます。あくまで37.5度は目安です。37.5度以下でもその後上がってきそうであれば投薬を開始して下さい。副作用はふらつきと眠気ですが、発熱時は安静にしているはずですので、問題になることは少ないでしょう。以上は一般的な使用法ですが、実際の使用法については患者さん個人の状況により異なる場合も多いので、主治医からの指示に従ってください。
 けいれんを起こして、発熱がはじめてわかることの多い子どもの場合は、継続的に抗てんかん薬の内服が必要となる場合もありますので主治医とよく相談してください。
 なお、解熱剤(アセトアミノフェン坐薬:商品名アンヒバなど)を使用する際には、ジアゼパムの吸収が阻害されますので、ジアゼパム坐薬の使用を優先し、アセトアミノフェン坐薬は30分以上経過してから使用してください。

(愛知県心身障害者コロニー中央病院小児神経科  三浦清邦)


理事長からのご挨拶
賞に神経科医が主に専門としている病気について
小児神経科医のいる施設
小児神経Q&Aコーナー

PDFファイル閲覧ソフトAdobe Reader(無料)はこちらからダウンロードできます。

Copyright @ 2005 日本小児神経学会 Japanese Society of Child Neurology