日本小児神経学会
English サイトマップ
関連リンク集
入会手続きはこちら
このホームページについて

Q4:小さいこどもでは下痢に伴ってけいれんをおこすことがあると聞きましたが、どのような病気ですか?

 A:「ウイルス性胃腸炎に伴う無熱性けいれん」という病気です。1-2歳前後の乳幼児で、脱水を伴わない程度の軽症の下痢症で発熱(38℃以上)のないにもかかわらず、けいれんを起こすことがあります。けいれんの多くは短い(数分以内)全身性けいれんであり、すぐに意識も戻り普段の状態となりますが、しばしば繰り返してけいれんをおこします(群発といいます)。このような特徴であればこの病気が疑われますが、この年齢は、いろいろな理由でけいれんをおこしやすいときでもあるので、脳炎や髄膜炎、低血糖などの代謝異常症、てんかん発作なども鑑別する必要があります。
 どの下痢症でもおこしますが、冬季の乳児の下痢症の原因として多いロタウイルス腸炎やノロウイルス腸炎において、しばしば伴います。下痢が始まって1-2日目あたりにおこすことが多いようです。
 このタイプのけいれんには、けいれんの治療によく使われるジアゼパムの坐薬(ダイアップ坐薬)は効きにくいです。カルバマゼピン(抗けいれん剤)を飲ませたり、リドカインという薬を点滴したりします。けいれんが止まれば、治療は中止してかまいません。この病気は下痢症のときだけの一時的なけいれんですので、こどもさんの発達などに影響することはありません。
 また、繰り返すことも少ないので、下痢症のたびに予防的に抗けいれん剤を服用する必要はありません。

( 大阪市立大学発達小児医学 服部英司 2007年1月6日)


理事長からのご挨拶
賞に神経科医が主に専門としている病気について
小児神経科医のいる施設
小児神経Q&Aコーナー

PDFファイル閲覧ソフトAdobe Reader(無料)はこちらからダウンロードできます。

Copyright @ 2005 日本小児神経学会 Japanese Society of Child Neurology