日本小児神経学会
English サイトマップ
関連リンク集
入会手続きはこちら
このホームページについて

Q37:てんかんと知的障害を持つ10歳の息子を自宅でみています.
   利用できる福祉制度(手帳や自立支援医療など)について教えてください

A 神経疾患に伴いやすいてんかんや知的障害、身体障害、発達障害に利用できる医療・福祉制度を表に示します。複数の支援を受けられる場合があります。お子さんの場合は、自立支援医療を受給できます。お子さんの知的障害の程度、てんかん発作の程度ならびに家族の前年度の所 得によっては特別児童扶養手当も支給される可能性があります。各制度とも症状の程度によって受給の可否や等級が決められます。療育手帳や身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳を取得していますと、公共交通機関の運賃や公共施設の入館料の割引、自動車税の減免、保護帽や紙おむつなどの日常生活用具の給付、自宅や自動車の福祉的な改修の給付など、自治体や企業ごとに様々な支給がありますので、区市町村福祉担当課で問い合わせてください。

(鳥取大学医学部脳神経小児科 前垣義弘)


理事長からのご挨拶
賞に神経科医が主に専門としている病気について
小児神経科医のいる施設
小児神経Q&Aコーナー

PDFファイル閲覧ソフトAdobe Reader(無料)はこちらからダウンロードできます。

Copyright @ 2005 日本小児神経学会 Japanese Society of Child Neurology