日本小児神経学会
English サイトマップ
関連リンク集
入会手続きはこちら
このホームページについて

東日本大震災被災地の重症心身障害児者支援 これからの課題

日本小児神経学会 東日本大震災支援委員会

 今回の大震災で私たちが痛感したのは、災害時の備えやマニュアルを福祉目線で見直さなければならないこと、そして、一番頼りになったのは支援する側もされる側も普段からつながっている人たちであったことでした。障害児者が身近な存在として社会にあること、子どもたちを中心にして私たち支援者が普段からつながっていることが、大きな力を発揮するのです。今後への提言として、それぞれの課題をまとめました。

 ご家庭

  • 日用品(食糧・水など)の備蓄、電源の確保
  • 医薬品・吸引器などの医療器具・ケア用品の備え、医療情報の携帯(サポートカード)
  • 電力会社・消防署へ連絡(在宅人工呼吸器・酸素)
  • 医療機関との連絡方法の確認(119はつながらなかった、直接病院へ行く方が早かった)
  • 普段から地域の防災訓練に参加する
     ←「この町内会にこんな子がこんな助けを必要としている」ことを知ってもらう

 医療機関

  • 災害救急医療、被災者受け入れ(短期〜復興まで長期に)
  • 在宅人工呼吸器・酸素患者さんの電源供給・入院
  • 持っている医療情報をフルに活用して安否確認・不足している
  • 医薬品などニーズの聞き取り

 福祉・教育

  • 医薬品のお預かり(災害時用数日分)
  • 自家発電機・足踏式吸引器の常備
  • 普段のつながりから安否確認・ニーズの聞き取り
  • 福祉避難所として機能する ←「通いなれたところはストレスが少ない」
  • 生活目線から家族支援・兄弟支援

 コーディネーターの創設

  • 各地域でニーズと救援物資・情報・人員をマッチング
  • 「いまここはどんな助けが必要か」声を上げる
  • 避難所へ来られないご家庭への支援

 行 政

  • 普段の障害児者の生活をよく知る ←「福祉目線の災害時対策」
  • 障害児者の災害時の避難方法を確立する
     ←「初動の災害時マニュアルは重要」
  • 災害時はコーディネーターの声に応じて試行錯誤しながら支援策を実行することができる
     ←「想定外への迅速な対応」
  • 各部署の情報を共有して連携した支援ネットワークを迅速に構築するシステム作り
    (医療・福祉・教育・行政)
    通信手段の確保
  • 福祉避難所の設置と整備
  • 地域医療レスパイトの拡充

  

文責 宮城県拓桃医療療育センター 田中総一郎


▲このページのTopへ

学会について
学会の沿革
歴代役員・総会会長
会則・規則
役員構成
委員会構成
学術集会・セミナー
主催の学術集会・セミナー
国際学会
地方会
その他
小児神経Q&Aコーナー

学会誌「脳と発達」

英文誌「Brain&Development]

PDFファイル閲覧ソフトAdobe Reader(無料)はこちらからダウンロードできます。

Copyright @ 2005 日本小児神経学会 Japanese Society of Child Neurology