日本小児神経学会
English サイトマップ
関連リンク集
入会手続きはこちら
このホームページについて

第11回 プライマリケア医(小児科医・総合診療医)のための
子どもの心の診療セミナー

 第11回プライマリケア医のための子どもの心の診療セミナーを開催いたします。発達障害児の支援は、専門医とプライマリケア医の 連携、医療と保健、福祉、教育等、様々な領域間の連携が求められます。発達障害児の診療・支援のポイント、上手な連携方法について、日常診療に役立つお話をしていただく予定です。多数の方々のご出席をお待ちしています。

 

期  日

2017年3月5日(日) 9:00ー16:30(受付開始8:00)

会  場

北海道大学術交流会館(札幌)

〒060-0811 札幌市北区北8条西5丁目
北海道大学構内 (札幌駅北口から徒歩7分)

対  象

子どもの心の診療に関心のある医師および看護師・保健師・言語聴覚士・作業療法士・ 臨床心理士等、医療専門職の方、教職員と福祉職の方

参加費

医師5,000円、医師以外4,000円(当日お支払い)

主  催

一般社団法人日本小児神経学会

定  員

150名(申し込み先着順)

申込受付

2016年12月1日から2017年2月15日まで
*定員に達すると期間中であっても締め切ることがあります

申込方法

ここをクリックするとお申し込みフォームが開きます

問合せ先

一般社団法人日本小児神経学会事務局
(東京都新宿区余丁町8-16、ネオメディトピア4F)
Fax: 03-3351-4067  E-mailはこちら

専門医研修単位

小児神経専門医研修単位2単位、小児科専門医研修単位4単位、小児科医会「子どもの心」研修単位5単位が認められます。

北海道医師会認定生涯教育講座

北海道医師会の承認を得て開催する講座です。
4.5単位が認められます (CC:3、4、10、13、72)。

公益社団法人日本リハビリテーション医学会

生涯教育単位5単位が認められます。

公益社団法人日本精神神経学会

B群3単位が認められます。

一般社団法人日本小児精神神経学会

認定医更新のための点数、1点が認められます。

 

プログラム

8:00-    受付開始

 

9:15-9:20  総合司会 宮本晶恵(旭川療育センター)
       開会挨拶 

續 晶子(北海道立子ども総合医療・
療育センター小児リハビリテーション科)

9:20-10:25  発達障がい医療のエッセンス −ピットフォールを中心に− 

小枝達也(国立成育医療研究センターこころの診療部)

10:30-11:15  学習障害への対応における医療の関わり 

関あゆみ(北海道大学大学院教育学研究院)

11:15-12:00  発達障害児の診療における小児科外来の役割を考える 

荒木章子(北海道こども心療内科氏家医院小児科)

13:00-13:50  小児科−児童精神科の連携 身体表現性障害を例として

柳生一自(北海道大学大学院児童思春期精神医学)

14:00-15:00  不登校への対応 ーさまざまな背景を検討しながらー 

田中康雄(北海道大学・こころとそだちのクリニックむすびめ)

15:10-16:10  自閉スペクトラム症の子どもを持つ家族への支援
               −ライフステージに応じた支援− 

高田 哲(神戸大学大学院地域保健学領域)

▲このページのTopへ

学会について
学会の沿革
歴代役員・総会会長
会則・規則
役員構成
委員会構成
学術集会・セミナー
主催の学術集会・セミナー
国際学会
地方会
その他
小児神経Q&Aコーナー

学会誌「脳と発達」

英文誌「Brain&Development]

PDFファイル閲覧ソフトAdobe Reader(無料)はこちらからダウンロードできます。

Copyright @ 2005 日本小児神経学会 Japanese Society of Child Neurology