日本小児神経学会
English サイトマップ
関連リンク集
入会手続きはこちら
このホームページについて

障害者年金申請書記入医師について

2009年10月23日
日本小児神経学会社会活動委員会委員長 杉本健郎

 当学会として約8年間、度重なる当局交渉により、これまでにも改善がありましたが、
このたび(2009年8月7日)てんかん学会理事長、事務担当理事とともに大澤理事長と杉本が厚労省社会保険局を訪問し、両学会の要望通り申請書に別紙のとおり明記されることになりました。
そして具体的指示文書が昨日付で全国の保険局へ発信されました。
これで、病名や主治医所属に関係なく、専門ある主治医として記入し、スムースに提出できます。
なお、地域によっては不徹底のところもあるかと思います。その折は添付文書を担当に示してください。
障害者の自立のための最低限の年金ですから気持ちよく受理してもらいましょう。
 社会活動委員会は、政権交代で「自立支援法」の内容がまだ具体的に提案されていませんが、
今後とも「地域で安全に楽しい生活」ができるための支援をより一層充実させるための具体策を当事者目線をベースとして専門家の立場から発言していきます。

国民年金・厚生年金保険診断書(精神の障害用)の作成医について


学会について
学会の沿革
歴代役員・総会会長
会則・規則
役員構成
委員会構成
学術集会・セミナー
主催の学術集会・セミナー
国際学会
地方会
その他
小児神経Q&Aコーナー

学会誌「脳と発達」

英文誌「Brain&Development]

PDFファイル閲覧ソフトAdobe Reader(無料)はこちらからダウンロードできます。

Copyright @ 2005 日本小児神経学会 Japanese Society of Child Neurology